市長選挙の公開討論会2019について

小牧市長の山下史守朗です。お世話になっています。
いよいよ市長選挙が近づいています。
小牧市長選挙は、1月27日が公示、2月3日が投票日です。

ところで、市長選挙にかかる公開討論会について、(一般社団法人)小牧青年会議所(小牧JC)が1月21日に開催を予定し、私も是非とも出席をと予定していましたが、愛知県知事選挙の個人演説会の日程と重なってしまい、誠に残念ですが、21日の日程では現職市長の私としてはどうしても出席できなくなってしまいました。
経緯としては、12月にJCからコーディネーターの日程の都合で1月の17日か21日に開催したい旨の連絡があり、私からは21日を第1希望で出席のお返事をさせて頂きました。
その後、年が明けて1月7日頃に大村知事の個人演説会の小牧会場が21日になるとの連絡があり、そうなってしまうと私は現職市長として現職知事の個人演説会が小牧市内で開催されると、小牧市と愛知県の良好な関係維持を考えると、小牧市のために公務としてどうしても出席しないわけにはいかないので、JCの方に公開討論会を17日に変更できないかと打診しましたが、JCの方からは既に日程変更はできないとの回答でした。
市議会議員の皆さんとも相談して、どうしよう困ったね、と話をし、大村知事の事務所に県議を通じて知事の個人演説会小牧会場の日程変更ができないかを相談し調整をお願いする一方、JCに対してはもし21日の知事選の演説会を変更することができず重なってしまった場合には残念ながらどうしても出席できない旨を伝えました。
その後、県議にもご努力を頂きましたが、知事の演説会については結局21日に開催せざるをえない状況となってしまいました。
そうした経緯で、JCに対しては、21日は同時刻に小牧市内で現職大村知事の個人演説会が開催され、私にも出席要請があり現職市長として出席しなければならないため、申し訳ないけれども、21日では出席できない旨をお伝えしました。同時に、他の日にちに変更可能であれば、予定が会えば出席させて頂きたい旨をお伝えしました。
JCにおいても他の日程への変更は難しいとのことで、最終的に、誠に残念ながら、JCとしても今回は小牧市長選挙の公開討論会は開催を断念せざるを得ないとの判断に至ったとのことです。
以上が今回の経緯です。

私は現職市長として、小牧市民のために市政の円滑な推進を図る必要から、愛知県と小牧市の良好な関係維持は重要であり、知事の個人演説会には市長の公務として出席いたします。(補足:このことが市長としての公務に当たることは最高裁の判例もあるところです)

私としても公開討論会が開催できないことは、広く市民の皆さんに立候補予定者の主張や考えを知って頂く貴重な機会であったので誠に残念ですし、JCの後輩の現役メンバーの皆さんには開催に向けて準備にご努力を頂いていただけに、致し方ない状況とはいえ、申し訳なく思っています。
なお、私の政策や考えについては、この公式WEBサイトを是非ご覧頂ければ幸いです。

選挙は、今後の小牧市の行く末を決める大変重要な機会です。市民の皆様には是非とも立候補者の政策や考えを比べ、しっかりと見定めて頂き、それぞれの貴重な一票を責任を持って投じるべく、投票にお出かけくださいますようお願い申し上げます。
ただ、残念ながらインターネット上には、間違った情報や無責任な書き込みが数多くあるのが現実です。是非とも皆様には、正確な情報に基づき適正なご判断を頂きますようお願いいたしたいと思います。