新基本計画 構成と特徴

市長挨拶[pdf]
新基本計画 概要[pdf]

1 あいさつ

本市は、平成21(2009)年3月に、平成21(2009)年度~30(2018)年度を計画期間とする「第6次小牧市総合計画」を策定し、“人と緑 かがやく創造のまち”を将来都市像に掲げ、今日までその実現に向け、まちづくりの各種施策を展開してまいりました。
 この間、人口減少社会の到来、少子・高齢社会の進展、地球レベルでの環境問題の進行、情報技術を中心とする急速な技術革新など、本市を取り巻く社会情勢は大きく変化しています。
 あわせて、地方分権の進展に伴って発生する新たな行政需要や、多様化している住民にニーズに対しても、新たな対応が求められています。
 こうした状況を踏まえ、策定から5年が経過する基本計画について、これまでのまちづくりの検証を行い、社会情勢の変化で生じた新たな課題に挑戦していくために必要な施策を見直し、「第6次小牧市総合計画新基本計画」を策定しました。
 この「新基本計画」は、市の将来人口が減少傾向に転じるという予測の下、従来に増して経営資源の有効活用を図る観点から、「分野別計画編」とは別に「市政戦略編」を策定し、市政の軸となる考え方や戦略を示し、それを実現するための重点事業が明確となるメリハリのついた計画とし、市民の皆様にとってわかりやすく、職員が業務の羅針盤として活用しやすい計画としています。
 今後の5年間、この計画のもと、市民の皆様と一緒に将来をしっかりと見すえ、「住みたいまち、住み続けたいまち」の実現に取り組んでまいります。本計画の策定にあたりまして、ご尽力を賜りました総合計画審議会委員の皆様、市議会議員の皆様をはじめ、貴重なご意見、ご提言をいただきました市民の皆様に深く感謝申し上げます。

平成26年3月 山下史守朗

2 新基本計画の計画期間

平成26年度~30年度の5年間

新基本計画の構成と特色

(1) 構成

①市政戦略編
 何に基軸を置いてまちづくりを進めていくのかを「都市ヴィジョン」として「こども夢・チャレンジNo.1都市」「元気創造都市」「支え合い共生都市」の3つを掲げています。
また、都市ヴィジョンをどのように実現していくのかを示した「戦略」と具体的な手段の核となる「重点事業」を位置付けています。
「重点事業」は、今後5年間に優先的に経営資源(予算・職員など)を投入し強力に推し進めていく事業です。

②分野別計画編
行政が継続的に実施していく7つの行政分野と32の基本施策を体系付け、基本施策ごとに目的やその達成に向けた手段などを示しています。

③計画の推進方策
「市政戦略編」および「分野別計画編」を着実に推進するための方策として、新基本計画の進行管理や町内組織体制のあり方などを示しています。

(2)特色

①これまでの右肩上がりに人口が増加する時代を前提とした計画ではなく、市の将来人口が減少傾向に転じるとの予測のもと、行政の継続性を担保する「分野別計画編」とは別に、市政の軸となる考え方や戦略を示し、それを実現するための重点事業を明確化した「市政戦略編」を示すことで従来にも増して経営資源の有効活用が図れる計画としました。

②「何をするのか」だけではなく「何のためにするのか」という目的と「何をどのような状態にしたいのか」という目標を明確かつ簡潔に明記するようにしました。

③これまで、基本計画とは別に策定・運用していた行政改革大網を「分野別計画編」の一部である「自治体経営」に位置付け、より効果的・効率的な自治体経営を従来にもまして計画的に推進できるようにしました。